体を強くする免疫療法~体の中から体質を改善~

病院

免疫力を回復させる治療

看護師

体の中に本来ある免疫システムはがん細胞に体が侵されると機能が低下します。そしてがん細胞にむしばまれていくのが癌です。しかし、一度体外で免疫システムを再構築したのちに体内に戻す免疫細胞治療を用いることで、副作用のない治療が可能になるのです。

もっと詳しく

日常生活でも注意

花

がん治療を行う前にまずがん検診を受けることが望ましいのです。特に健康な人には定期的に受けてもらうことで、がんの早期発見が期待できます。がんを早期発見することで、治療も早くできますので、完治する確率がかなり高くなります。

もっと詳しく

生活の質を落とさず治療

医者

手術を行った後に

がんを治療する方法として一般的なのは手術によってがん細胞を身体内から取り除くことです。ですががんの主な細胞を切除したとしても、周りの臓器に細胞が落ちてしまったり離れたところに転移してしまったりすることがよくあります。手術を行った後に免疫療法を行うことによって、手術をした時に発見できなかったがん細胞や転移、再発を防ぐことができるものと期待されています。この免疫療法は手術を行った後に行うことで最適な効果が得られます。手術をする前から免疫療法を行うことを前提として手術をすれば、切除したがん細胞の中からがんの抗原を抽出することも可能です。早期のがんでも完治を目的として免疫療法のみを単独で行うことはなく、ほかの治療方法と並行して行われることが普通です。

多大な免疫の力

免疫療法はがんによる症状を改善させてがんの進行を止める目的で行われています。がん細胞が大きくて体の中に複数ある時に、この免疫療法を利用してがんの成長が抑えられたり小さくなったという実例もあります。現在まで手術を行った後の治療には抗がん剤を使ってがんの進行を抑えてしまう化学療法が中心的に行われてきました。この薬品を使用することは副作用が強く出てしまい、体にとっても重い負担がかかっていました。免疫療法は抗がん剤などの副作用が少なく、生活の質を向上させた治療生活を送ることができます。そもそもがん細胞は体内でできるために、免疫がいくら行動を起こしても見逃してしまうこともあります。結局退治されなくて残った変異細胞ががんとなってしまいます。まず一番最初に検討するのは外科的な治療になります。

放射線を照射する治療法

女性

起こるであろうがんに対しての治療方として挙げられるのには放射線治療があり、これは有名な治療法なのです。これはがんの細胞に直接放射線を当てていくため、他を傷つけずにすむのです。

もっと詳しく