体を強くする免疫療法~体の中から体質を改善~

病院

免疫力を回復させる治療

看護師

免疫システムの崩壊

どんな人でも異常細胞が全くないわけではありません。しかしその全員が癌をはじめとする病気になるわけではありません。その理由は体の機能の一つである免疫システムです。異常な細胞を体の中に発見すると排除しようと働きかけるシステムです。しかし異常細胞が免疫システムより早く分裂を繰り返して増殖するともはや免疫システムの機能が働くなります。そしてがん細胞によって体がむしばまれてしまうのです。一度低下した免疫力はそう簡単に回復することはできません。体が侵された状態で自ら回復することは難しいのです。そこで体外で免疫システムを構築し体内に戻す方法によって本来持ち合わせている免疫システムを回復させる治療法が免疫細胞治療です。

副作用がないことが利点

免疫細胞治療の最大のメリットは副作用がないことです。がん細胞に有効な薬は正常な細胞によっても有毒です。そのためまだ体内に残っている免疫システムが、この薬の成分を体外に排出しようと働きかけるため起こるのが副作用です。毒薬のように強い抗がん剤などに対してはより大きな免疫力が働きます。しかし免疫細胞治療であれば、自分の免疫を有効活用するため副作用が全く発生しないのです。そのため患者の体に負担をかけない治療法なのです。免疫細胞治療は早期治療であればあるほど効果が大きくなります。体全身への効果をもたらすことができるため、進行がんのように転移する可能性のあるがんに対しても有効な働きをしてくれるのが特徴です。