体を強くする免疫療法~体の中から体質を改善~

病院

日常生活でも注意

花

傷つくことが原因

がんの発生は人の体内の中にある正常な細胞の遺伝子、傷つくことが原因だとされています。遺伝子の傷は、長い時間をかけながらゆっくりと誘発されていくことが報告されています。このように遺伝子が傷つく事は、様々な要因が考えられています。例えば、紫外線を浴びたり、焦げた物を口にしたり、ストレスなどがあるのです。ですから、日常生活を送る上でも充分に注意すると良いでしょう。一般的にがんは、体の中ではどの組織にも発生すると考えられています。それでがん治療で1番怖いものは、転移することなのです。胃がんになっていた人のがん細胞が、大腸に移ることで大腸のがん細胞でなく、胃から転移してきた悪性のがん細胞であることもわかっているのです。

早期発見する

まずがん治療を行う前にしなくてはいけないことが、がん検診を受けることなのです。がん検診を受けることで、早期発見する可能性が高くなります。そのためがん治療を受けて完治する確率が高くなるのです。ただし、がん検診は体の調子が良く健康だと思っている人は受けないので、発見が遅くなってくる特徴があるのです。昔は不治の病として扱われていたがんも、今では医療の発達により、がん治療で治すことができるようになっています。ただ、すべて完治するわけでは無く、患者さんの体調やがんの種類によって助かる確率は違ってくるのです。でもどのようながんに対しても言えることは、早期検診で早期治療をすることで、完治する確率が非常に高くなるということです。