体を強くする免疫療法~体の中から体質を改善~

病院

放射線を照射する治療法

女性

治療を行う利点

放射線治療とは、がん細胞に放射線を照射して消滅させる治療法の事で、がん治療の三大療法の1つであると言われています。この放射線治療の大きなメリットとしては、手術療法とは違って体にメスを入れずに体への負担が少ない治療が行えるといった事や、化学療法とは違ってがん細胞がある場所のみに照射するために局所治療が行える事が挙げられます。がん細胞は種類によって異なりますが、正常細胞よりも比較的、放射線の攻撃に弱い事が多いといった事から、がん細胞の周りの正常細胞を傷付けずに治療を行えます。また、手術療法のように臓器を取り除く治療ではないので、がん細胞ができた臓器も完治が出来れば正常に機能するといった事もいえます。

リスクや安全性

放射線治療でがん細胞を死滅させて完治をするためには、治療期間が少し長くなってしまいます。しかし、治療を行っている間に制限される行動が少ない事や、手術療法でのデメリットとなる傷跡ができるという事がない事がメリットだと言えます。また、副作用としては、照射した部位が焼けたようにヒリヒリしてくる事や、場合によっては正常細胞に影響を与えてしまう事があるとされ、痛み止めなどの薬が処方されます。放射線治療には、当てる部位がどれだけの放射線に耐えられるのかといった事や、がん細胞がどれだけの放射線で死滅させる事が可能であるのかといった事をしっかりと検査した上で行われますので、安心して治療を受ける事が出来ると言えます。